医療レーザー脱毛 痛み

レーザー脱毛のメカニズム

 

ムダ毛ってなぜあるのでしょうか。こんな毛、生えてこなければいいのに!
そう思いませんか?

 

世界にはムダ毛を処理する習慣のない国もあるそうですので、いっそ、そういう国に移住しますか。
というわけにもいきませんので、毎日のようにせっせとムダ毛を処理するわけです。

 

カミソリ

ムダ毛処理の方法はいろいろありますが、やり方によっては肌トラブルにつながるリスクがあります。
キレイになりたくてやっているのに“逆に酷い状態になることもある”ということを知っておきましょう

 

 

自己処理のリスク

 

自身でお手入れをするときに、どんなリスクが潜んでいるのでしょうか。
よく行われている方法とそのリスクをリストアップします。

 

方法

リスク

抜く

・毛抜き
・脱毛テープ
・脱毛ワックス
・電気脱毛器

毛根につながる毛細血管が傷つけられて出血や炎症がおこる。そのため、かゆみや毛穴がブツブツと目立つ
剃る

・カミソリ
・電気シェーバー

ムダ毛と一緒に皮膚の表面が削られ、赤みやかゆみが出る。乾燥しやすく肌荒れの原因になる。
溶かす ・除毛クリーム 薬剤が肌へ負担をかけ、かぶれや赤みなどの炎症を起こす。

 

 

どの方法でも肌に大きな負担がかかっていて、場合によっては、埋没毛を引き起こしたり色素沈着してしまうこともあります

 

 

プロによる脱毛の種類と効果

 

近年、ムダ毛を自分で処理することの危険性が広く認識されるようになり、プロの手に任せる女性が増えています。
主流となっているのが『光脱毛』と『レーザー脱毛』の2つです。

 

光脱毛は、エステサロンなどで行われている方法でフラッシュ脱毛と呼ばれることもあります。
医師免許がなくてもできるように出力が抑えられているため、痛みが少ない反面、持続的な効果は少ないです。

 

レーザー脱毛は、医療機関でのみ行うことが許可されています。
威力の強いレーザーを使うため、痛みは光脱毛より感じますが、脱毛効果が高いのが特徴です。

 

 

レーザー脱毛はホントに生えてこないのか

 

レーザ脱毛は、その名の通りレーザー光を使った脱毛方法で、黒い色にのみ吸収される特殊なレーザーを皮膚にあてることによって脱毛効果が得られます。

 

レーザーを皮膚に照射すると毛の黒い色(メラニン色素)に吸収され、その後、熱エネルギーに変わります。
その熱エネルギーが、毛を成長させるもとになっている組織(毛母細胞、毛乳頭)を破壊します。

 

わき

毛母細胞や毛乳頭が破壊された毛穴は発毛能力を失うため、照射時に生えていた毛が抜け落ちたあとは、再び毛が生えてくることはありません。

 

ただし、1回ですべての毛に脱毛効果があるわけではありません。
脱毛効果を得られるのは『成長期』といわれる、毛を太く長く成長させている最中の毛のみで、毛が抜け落ちていたり成長を止めている状態の毛には効果がありません。
2〜3ヶ月の間隔をあけて何回かレーザーを照射することで、ほぼすべての毛を生えなくすることができるようになります。

 

更新履歴