クリニック 医療レーザー脱毛 流れ

クリニックの医療レーザー脱毛の流れ

 

医療レーザー脱毛の施術の流れは、クリニックによって多少の違いはありますが、以下のような手順で進みます。
分からないことが多くて不安だらけな方も、手順だけでも事前に知っておくことで、少しリラックスして受けられますね。

 

 

1.カウンセリング

カウンセリング

 

事前に電話やインターネットで予約し、予約当日に来店して受けます。

 

脱毛を希望する部位、希望の状態(ツルツル・産毛程度など)、脱毛経験(他店・自己処理)などを申告し、肌の状態や毛質などを診た上で、希望の状態にするために必要な費用や期間を見積もってもらいます。

 

ドクターや看護師側からレーザー脱毛のしくみや注意点などの説明もあります。
また、分からないことがあればその場で質問して答えてもらうことができます。

 

カウンセリングが無料でできるクリニックを選ぶと、充分納得したうえで施術を受けることができるのでおすすめです。 

 

2.診察

 

施術当日、クリニックで受付を済ませると診察室へ通されます。
着替えを済ませた後、ドクターによる診察があります。
その日の体調や肌の状態によっては、まれに施術を受けれないこともあります。

 

 

3.レーザー照射

 

テスト照射で問題なければ、本格的な照射を受けます。
痛みは個人差がありますが、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じる人が多いです。

 

照射の前にジェルを塗ったり、人によっては麻酔クリームを塗るケースがあります。
また、剃れていない毛が残っている場合も、剃毛してから照射します。

 

 

4.アフターケア

 

レーザー照射後の肌は軽い炎症を起こしていますので、冷却したり炎症止めのクリームを塗って沈静させます。

 

 

 

施術前の注意点

 

1回の施術を効果的にするために気を付けたいことをご紹介します。

 

  • 前日までにシェービングしよう

毛が長い状態のままだと、充分な脱毛効果が得られません。
そのため前日までにシェービングしておくようにいわれます。
毛根を残しておく必要があるので毛を抜くことは避け、脱色もやめましょう。

 

  • クリームなどは塗らない

日焼けクリームや制汗剤、化粧などをしているとレーザーが毛穴まで届かない可能性があります。
施術を受ける箇所の肌は素肌状態で来院しましょう。

 

  • 過度な日焼けはダメです

日焼け

肌が日焼けして黒くなっていると、レーザーが肌に作用してしまうため、施術を受けることができません。
また、日焼けは肌に負担が大きいため肌トラブルを引き起こしますので、通院期間中は気をつけましょう。

 

 

自宅でのアフターケア

 

施術後の肌は敏感になっています。トラブルを未然に防ぐために次のようなことに気をつけましょう。

 

  • 刺激を与えない

施術当日は、湯船につかったり、汗をかくような過度な運動は避けましょう。
シャワーでも施術部位をこすらないようにしてください。

 

  • 保湿を心がけて

肌が乾燥しやすい状態になりますので、刺激の少ない保湿ローションなどで保湿しましょう。

 

  • 自己処理はシェーバーで

次回の施術までの間の自己処理は、シェーバーで剃るようにしましょう。
毛抜きなどで毛を抜いてしまうと次回以降の脱毛効果が減ってしまいます。